宝くじ

宝くじの歴史

宝くじは1964年に日本宝くじ協会が発足したことから始まりますが、それ以前にも古くから日本には富くじと呼ばれる江戸時代の宝くじがありました。この目的は神社や寺の修繕費用を集めることです。日本で初めての富くじは摂津箕面の瀧安寺で現在の大阪に位置します。

 

正月の元旦から7日までに参詣した人々がその対象となっていたようです。 富くじ自体は刑法により犯罪と規定されていますが、1948年に当選金付証票法が成立されたことで宝くじは発売できるようになったのです。外国の富くじはこの法律の対象外のため現在も発売は禁止されています。外国のくじの歴史はさらにさかのぼり、ローマ時代になります。約2000年前からくじがあったようです。

 

近代的な富くじは15世紀のオランダが発祥だといわれています。この目的は町の建設や要塞の構築にあったそうです。 日本の宝くじの沿革を見ていくと、1976年からは年末ジャンボが流行し各地で大パニックとなります。1989年には1等賞金が前後賞と合わせて一億円に達しました。2000年のロト6では最高当選金額4億円になり、現在では6億の賞金が出るようになっています。
そんな額が当たれば人生変わるでしょうね。こうして記事をかいてる管理人は先月もカードローンを使って融資してもらいました。旅行に行ってお金を使いすぎてしまって市民税が払えなくなってしまったんです(汗)
私がいつも参考にしているサイト→ http://www.future-build.net/

 

また1984年にはインスタントくじ、1994年にはナンバーズといった様々な形態で発売されるようになってきました。 このように宝くじの元である富くじも今の公共事業のようなことを目的として販売されていたことがわかります。また、外国においてもそれは変わっていません。日本では現在も日本の税金の一部を補う手段として宝くじが用いられているように思います。

 

この宝くじの人気は衰えず、むしろ不況のときにこそ高まっていると感じます。当選金額もここ20年で飛躍的に増加し、一般人が一生働いても手にできない大金が当たるということがより魅力を押し上げているのかもしれません。このような宝くじはこれからもたくさんの人に購入されていくでしょう。これから年末にかけてまたあの行列が見られることでしょう。

宝くじが当たったら住宅ローンを全部完済できたらと、いつも夢に見ます(笑)こういうサイトも参考にしたほうがいいかもしれないですね。住宅ローンが払えない場合に読むサイト~解決方法まとめ~

↑ PAGE TOP